入れ歯より優れた物の情報

HOME | SITEMAP

トップ » 過去のインプラント事故

新着情報

インプラントについて

インプラントとは、体内に埋め込む器具の総称ですが、一般的には、歯が抜けてしまった顎の骨に人工歯根を埋め込む治療の事を言います。骨の状態によっては施術が出来ない場合もありますが、インプラントには様々なメリットがあります。本来の自分の歯に近い外見と、機能が期待出来る為、咀嚼の際の違和感が少ない事が最大のメリットであると言えます。また、他の健康な歯にダメージを与える事無く治療する事が可能です。保険適用外の自由診療となるので、義歯などの治療費に比べ、一般的に高くなりますが、他の治療よりも耐久性に優れています。

歯科インプラント治療のメリット

歯科治療の種類で、入れ歯や差し歯に変わる人工の歯として注目されているのがインプラントです。まずあごの骨に、チタンなどで作られたスクリュー状のねじのような人工の歯根を埋め込み、歯のベースとします。その上部に接続部品と人工の歯を接着することで、完成します。こうすることで、入れ歯などに比べて自分の歯に近い噛み心地で、食事を楽しむことができます。また、入れ歯や差し歯とは違いインプラントの場合は、周りの歯にダメージを与えることなく人工の歯を付けることが可能です。

© Copyright インプラントと入歯の違い. All rights reserved.