入れ歯より優れた物の情報

HOME | SITEMAP

トップ » 安心できるインプラント

新着情報

インプラントとその素材

インプラントを行うための素材として求められるのは、身体に害を与えず、耐久性が高いと言うことです。色々な歯科で治療を受けることができますが、最近ではチタンが多く用いられています。そして、その表面にコーティングすると言うことが行われるのです。コーディングによって実際の歯と同じような形のものを作ります。あごに直接固定すると言うことですから、力がかかっても違和感を感じることは少ないと感じられます。他の治療方法に比べると自然な感覚がありますから、治療するときにインプラントを選ぶ人は多くいるのです。

インプラントは無い歯を補って

歯が抜けてしまった場合には、しっかりと治さなければいけません。一本だからといって、歯を抜けたままにしておくと、身体にとってかみ合わせが悪くなることにより、無い歯を補うために偏った噛み方になってしまいます。インプラントは、無い歯の代わりというだけではなく審美性に優れているために、治療したことも気が付かれることはありません。インプラントを利用することで、かみ合わせをしっかり補ってくれます。歯が無くなってそのままにしてしまうと、頭痛や肩こりなどが起こってしまうのでしっかりと治療することが大切です。

© Copyright インプラントと入歯の違い. All rights reserved.