入れ歯より優れた物の情報

HOME | SITEMAP

トップ » インプラントと膿について

新着情報

インプラント治療後の膿

治療の為や健康の為に、事情があり抜歯をすることもあるでしょう。乳歯であれば永久歯が生えてくることもあるでしょう。永久歯を抜歯したならばその後には何も生えてこないのです。そこで、インプラントを埋め込む事はとても有効と言えます。抜歯した部分は、そのままにしておくと骨が吸収されてしまいます。歯がない部分の歯茎が減ったように見えてくるのは、骨の吸収が原因なのです。よって、その骨の吸収を遅らせる為にはインプラントは有効なのです。しかし、もし治療後に膿が出ることがあるのならば、それは周囲炎かもしれません。汚れが溜まったままになった時に炎症が起きて、膿が出てしまうことがあるのです。

膿がたまっていると治療が困難

歯周病や歯槽膿漏などで歯茎に膿がたまる場合があります。歯茎が腫れると痛みを感じるようになり、物を噛むと歯が痛くなります。インプラント治療は歯茎が腫れている間は治療ができません。炎症が治まり歯茎が腫れるのを待って治療を行います。この治療はあごの骨に人工歯根を埋め込み手術する方法です。歯茎が安定していることが絶対条件です。歯茎が腫れていたり炎症を起こしていると治療ができません。抗生物質などを使い炎症を抑えたり、歯肉を切開するなど歯科治療で歯茎にたまっている物を出したりします。インプラント治療は、歯茎が健康で最良な状態で手術をします。

© Copyright インプラントと入歯の違い. All rights reserved.